記事の詳細

「自分の自動車保険は充実した内容だから、

見直しする必要はない、生活スタイルの変化もないし」

と思う方も多いのではないでしょうか。

ですが、必ず年々変化していくものとして年齢があります。

 

自動車保険ではその車を運転する方の年齢に応じた割引があるのです。

主に、運転免許を取得して間もない方ほど事故を起こす可能性が高くおり、

逆に年齢を重ねる度にその可能性は低くなります。

 

そのため自動車保険では基本的に年齢が,

高くなるにつれて割引率が高くなります。

そのため年齢が変わったら自動車保険の年齢条件の変更を、

行えば保険料が安くなります。

その年齢に対する割引率は自動車保険によって異なります。

ですので、そのタイミングに自動車保険を見直してみるのがベストです。

 

年齢の目安として。。。

一般的には、年齢無制限から始まり、21歳以上補償、

26歳以上補償、30歳以上補償、35歳以上補償という区分が多いです。

ただ、若い人ほど事故を起こしやすいとはいいましたが、

実は逆に高齢者の方の事故も多くなっています

そのため、最近ではさらに年齢区分を多くしている保険会社もあります。

細かいところでは、30~39歳補償、40~49歳補償、

50~59歳補償、60~69歳補償、70歳以上などと

区分しているところもあります。

 

年齢が変わったら、というのは何も自分の年齢だけではありません。

基本的にその車を運転する方の年齢に合わせることが大切です。

特に子供が運転免許を取得してからは、

数年ごとに自動車保険の見直しを検討するといいでしょう。

   

↓↓たった5分の入力で一番安いあなたの自動車保険料がわかる↓↓
自動車保険キャンペーン
>>すぐわかる最大20社の自動車保険一括見積りサイトはコチラから<<

関連情報

関連記事

1210追加
ページ上部へ戻る