記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険を安くするためには、いくつかの確認項目があります。

その中で重要となってくるのが運転者を制限するということです。

 

一番安心なのは、誰が運転していても補償される、

といういわば運転者を制限しない場合です。

誰がその車を運転していて事故を起こしても補償されるので、

一番充実した補償といえるでしょう。ただ、その分当然保険料は高くなります

 

例えば、自分一人しか車を運転しないという場合、そんな補償は無意味でしょう。

運転者を制限するといっても、家庭環境によって変わってくることでしょう。

一番自動車保険が安くなるのは、前述のように自分一人しか運転しないという場合で、

本人(被保険者)限定です。次いで保険料が安いのが被保険者その配偶者限定です。

順に同居の家族限定被保険者または配偶者別居中の未婚の子供、それ以外の方、となります。

 

家族限定の注意点とは。。。

家族限定をつける場合、その『家族』の対象が勘違いしがちです。

その際に注意しなければいけないのは家族と思っていても補償の対象にならない場合です。

基本的に同居している親族であれば補償の対象になります。

 

また、子供が一人暮らしを始めた、という場合なども条件によっては対象になります。

ただ、その別居している子供が結婚した場合、補償の対象ではなくなるのです。

そして、もし結婚しても同居すればまた家族として補償の対象になります。

 

間違いやすいのは、子供が結婚していなければ

別居していても家族となり対象になりますが、

結婚していない、といっても離婚した場合、

すなわち婚姻歴があれば対象にはならないのです。

 

運転者制限をつける場合にはこういった点を把握していないと、

事故を起こしてから補償の対象ではなかった、なんてことになりかねません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る