記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車事故は安全運転を心掛けている方ほど発生率が低くなります。

そのため、事故を起こした、交通違反をしない方などはゴールド免許となり、

自動車保険も安くなる可能性があります。

 

ただ自動車事故は多く運転する方ほど多くなる傾向にあります。

逆を言えば、あまり車に乗らないという方は

事故に遭う可能性は低くなるのです。

 

事故は自分が悪くなくてももらい事故というものがありますので、

特にその場合はあまり車に乗らない人の方が発生しにくくなります。

そんな、あまり車に乗らない、もしくはあまり乗らなくなったという方が

自動車保険を安くするためには、年間走行距離をチェックしてみるといいでしょう。

 

 

乗るならチェック。乗らなくてもチェック。

最近、テレビCMなどで「保険料は走る分だけ」といったものを見かけますが、

実は自動車保険によっては、年間走行距離によって

割引きになるケースがあるのです。

 

あまり車に乗らないという方は、年間走行距離が

多い方よりも保険料が安くなるという訳です。

こういった割引はやっていない保険会社もあるので、

見直してみるといいかもしれません。

ただ、注意しなければいけないのは、

設定した年間走行距離をオーバーしてしまった場合です。

 

走行距離を設定しているわけですから、

万が一その走行距離をオーバーしてしまって

事故を起こしてしまうと補償の対象にならない場合があるのです。

もし設定した走行距離をオーバーしそうな時には、

差額分を支払う事で補償されるので、

しっかりと走行距離の確認が必要になります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る