車両保険をどうするか【自動車保険を見直す確認項目と注意点】

自動車保険は決して安いものではありません。

そのため、最近は自動車保険(任意)に

加入していない方も増えてきているようです。

 

自動車保険に加入しない理由が「自動車保険を毎年支払うくらいなら、

それを貯めておいて事故を起こした時に、

そこから支払った方が安い」という考えのようです。

確かに、安全運転を心掛けていれば、

そう何度も事故を起こす可能性は低く、

自動車保険をムダに支払っているということになります。

 

補償内容にもよりますが、少なくとも5万円以上、

若い方ならその倍近く支払うことになるのが一般的で、

それを数年貯めていれば、

事故の際の修理代金に充てることも可能でしょう。

 

ですが、事故の補償は車の修理代金だけではありません。

万が一人を撥ねてしまい、死亡もしくは後遺症が残ってしまった、

店舗を破損してしまった、営業車とぶつかった、

電車をとめてしまった、なんてことになったら、

数千万円、時には億単位の請求がくる場合もあるのです。

自動車保険はそういった時の補償と考えたほうがいいでしょう。

 

 

削れるところは削る!

自動車保険を安くする確認項目としては、

車両保険に加入するどうかがポイントになります。

車両保険に加入すれば、たとえ相手がおらず、

一人で事故を起こしたという場合でも補償の対象になります。

逆に車両保険に加入していない場合、

前述のケースでは補償されないので、

自腹で修理費用を支払わなければいけません。

 

また、相手がある場合、相手に対しての補償は

過失割合に関係なく問題なく行われますが、

もし自分に過失割合がある場合、

自分の車に対する補償はあくまで相手の過失分だけになります。

つまり過失割合が5:5の場合は、

自分の車の修理費用の半分しか補償されない、

100%自分の過失という場合には、

自分の車の修理費用は自腹で支払うことになるのです。

 

もし、自動車保険を安くしたいのなら、

まるっきり自動車保険に加入しないというのではなく、

車両保険を外すのものひとつの方法です。

車両保険を外せば保険料は半分近くにまで減ることが多いのです。

その分を万が一事故を起こした際の自分の車の修理代金として、

貯めておくというのであればいいかもしれませんね。